「七五三の日」が11/15なのはなぜ?<風のスタジオinpaインターパークビレッジ宇都宮本店>栃木県 宇都宮 インターパーク

こんにちわ!

風のスタジオinpaインターパークビレッジ宇都宮本店です。

本日はちょっとした七五三にまつわるむかし話をお届け致します。

皆様はカレンダーやスケジュール帳で「七五三」と書かれた日が11月15日の所以はご存知ですか?

921A1441

 
 平安時代より子供の成長を願い祝うものとして「七五三」の前身となるお祝いがありました。
もともとは公家や武家で行われていた「髪置き」「袴着」「帯解き」という別々の儀式です。
年齢、性別、日取りなどは時代や階級によってさまざまでもありました。
昔は今の医療より未発達なこともあり子どもの死亡率が高く、7歳まで生きられない子どもが多かったとそうです。
よく「7歳までは神のうち」という言葉を耳にすることがあるかと思いますが、それはこれが所以とも言われています。
7歳までは魂が定まらないと考えられていたため、節目の年に成長を祝って神様に感謝し、無事迎えた7歳で神社の氏子になったそうです。
江戸時代後期に3つの儀式が1つになり、その後、今のような形になって広がりました。
 
では、いつ頃から11月15日にお祝いをするようになったのでしょうか?

 

それは諸説ありますが、江戸時代に紐解く事柄があるようです。

徳川家康から数え、五代目の将軍・徳川綱吉が虚弱体質であった後に館林城主となる長男・徳松(5歳で夭折)の無事成長を祈るために、袴着の儀式を執り行ったのが11月15日で、これが一般に定着したといわれています。
なぜこの日が選ばれたかは、「鬼宿日」(きしゅくにち)※という吉日にあたるという説や11月が、秋の収穫の月で縁起がよく、

3と5と7を足して15日にしたという説があります。

※鬼宿日とは、古代中国の天文学で用いられた区分法「二十八宿」の鬼宿にあたる日。最吉日で、婚礼以外は万事に大吉とさています。

現在では全国で行われていますが、11月15日に執り行うことは元来は関東圏における地方風俗であったそうです。

また、最近では特に15日にはこだわらずに10月から11月にかけての家族が揃う吉日を選んで行う人も多いようです。

921A0773
いかがだったでしょうか?
ちょっとした豆知識にお使いいただけたら幸いです。
 
今回は歴史好きな早川がお届けいたしました!(6u6)ノ

 

TEL→ 028-688-7413 (10:00~19:00

 instagram→ kazenostudio_interpark

■ 七五三撮影のプラン詳細はこちら
https://kazesuta.jp/kids/753.php

 Webからのご来店予約はこちら
https://kazesuta.jp/contact/

ページの先頭へ